最近、急にオイリー肌になった...ファンデーションはどうすればいい?

「最近、急にオイリー肌になったのですがファンデーションはどうすればいいのでしょうか?」
といった質問をされている方も少なくありません。

そこで、オイリー肌に適したファンデーションを紹介します。

オイリー肌の方は、基本的にはパウダーファンデーションを使うのが原則。
というのも、パウダーファンデーションのほうが肌に与えるダメージも小さく、テカリも予防できるからです。

リキッドタイプ自体が油分や水分が多く配合されているため、リキッドタイプを使用すると逆にテカリが目立つようになります。
特に熱い夏場は汗をかくことで、メイク崩れも起きやすくなります。

なので、パウダーファンデーションを使用することをオススメします。
ただ、パウダーファンデーションは肌に密着性がないため塗りづらいという特徴もあります。
そういう場合は、しっかりと肌に化粧下地を行うことが大切。
化粧下地をすることで、肌との密着性ができメイクのりも良くなります。

油分が気になるところは、ティッシュ軽く拭き取ってから行うと効果的。
油とり紙は逆に皮脂分泌を促進させる恐れがあるため、使わない方が無難です。

夏場は日焼け止め対策も大切。
だからといって、下地の上に日焼け止めを塗ってしまうと厚塗りになってしまいます。
ですから、日焼け止め対策効果のある化粧水や化粧下地を塗るようにすると効果的です。

オイリー肌でファンデーションが崩れる場合どうすればいい?

「オイリー肌でファンデーションが崩れる場合にはどうすればいいのでしょうか?」
こういった質問をされている方も少なくありません。

対処法として、熱い夏場でも崩れにくいファンデーションの塗り方が大切になってきます。

オイリー肌の方は、パウダーファンデーションの方が化粧崩れを起こしづらいので、パウダーファンデーションを使用することから始めてください。
また、付属のスポンジを使いまわしにするのはNG。

というのも、スポンジを使うたびに顔の油分を吸収していくため、時間が経つとスポンジ自体に雑菌が繁殖する恐れがあります。
そのため、パフやスポンジはこまめに洗ったり、代えたりする必要があります。
特に脂性肌の方は、ニキビが出来易いのでスポンジの衛生面は必須事項です。

次に化粧下地でベースメイクを整えることが大切。
脂性肌の方は、化粧下地がいらないと思いがち。
しかし、毛穴を引き締めたり見せる効果があるため、化粧下地は必須です。

化粧下地を選ぶポイントとしては、
・油分が少ない
・毛穴をふせぐ成分が含まれていない
・UVカット効果がある
・抗酸化成分が配合されている
ものが肌に優しく夏場にオススメ。

また、下地はやや薄めに全体が均一になるように塗ることが大切です。
ファンデーションは、基本的に中心から外側に向かって伸ばすように使用します。
コンシーラーを使う場合は、パウダータイプのもの(筆タイプ)でファンデーション後に使用して整えていくと効果的です。

オイリー肌でファンデーションをするとテカってしまう場合どうすればいい?

「オイリー肌でファンデーションをするとテカッてしまう、どうすればいいのでしょうか?」
こういった悩みで相談される方も少なくありません。

そこで、オイリー肌の方がファンデーションを塗る際のポイントを紹介します。
・油分をティッシュでとってから化粧下地を行う。
・保湿をしっかりする
・軽く撫で洗う
・何度も洗わない
ということです。

メイク前は、しっかり泡立てた低刺激の石鹸で肌を洗います。
この際、タオル生地にも注意が必要。
ナイロン製のものだと擦れることで摩擦が生じ、肌を傷つけやすいのでNG。
また、ゴシゴシと洗ったり何度も洗い流すと角質層まで剥がしてしまい、水分保持力がなくなり乾燥しやすくなります。

また、肌を守るために過角化が起こりニキビや毛穴トラブルを招くポイントとなります。
できるだけ、絹や綿など肌に優しいタオル地で肌を洗うようにしてください。
油分が気になる場合は、ティッシュでしっかりとってから化粧水をつけるようにしてください。

低刺激&高浸透の化粧水&乳液でしっかり保湿することは大切。
保湿をしっかりしないと、乾燥による過角化が起きてしまうからです。
また、ローションパックもおすすめ。
しっかり皮膚温を下げておくことで、汗や皮脂によるテカリ予防にも効果的。
脂性肌だからスキンケアができないということはなく、脂性肌にあったスキンケアを行えばよいのです。
化粧でニキビ跡を隠そうとして顔がテカテカして粉っぽくなってしまう方はこちら

オイリー肌なのにファンデーションをするとカサカサするのはなぜ?

「オイリー肌なのにファンデーションをするとカサカサするのはなぜなのでしょうか?」
肌がカサカサするというと、乾燥肌の方だけが悩みがち。
ところが、オイリー肌の方も肌のカサカサで悩んでいる方も多いのです。

その原因は、インナードライ肌という可能性が考えられます。

インナードライ肌というのは、外側が皮脂でいっぱいの状態なのに内側はカラカラに乾いている肌の状態。
肌内部が乾燥しはじめると、外からの刺激に弱くなります。
すると、肌内部の水分蒸発を防ごうとして、皮脂を分泌するのです。
こうして、外側はオイリー肌に内側は乾燥というインナードライ肌になってしまうのです。

インナードライ肌で悩んでいる方は、10人中8人もいるといわれています。
インナードライ肌になってしまうのは、肌内部の乾燥が原因。
特に熱い夏場は、汗をいっぱいかいているため潤い保湿されていると思われがち。
しかし、肌内部は水分がどんどん奪われていっている状況なのです。
そのため、肌内部の保湿対策が重要となってくるのです。

また、ホルモンバランスの乱れやストレスが原因となって生じる場合もあります。

脂性肌用のスキンケアをきちんとしてるのに、Tゾーンのテカりが一向におさまらないで頬や目元・口元は乾燥して毛穴が開きがちという方は要注意。
インナードライ肌の方は脂性肌用のスキンケアを行うとかえって油分を多く分泌し悪化しかねません。
肌質が気になる方は一度相談してみるのも手です。

オイリー肌におすすめのファンデーション

「オイリー肌におすすめのファンデーションはどんなものが良いでしょうか?」
といった質問をされている方も少なくありません。

非常に暑い夏、特にオイリー肌の方は、化粧下地やファンデーションをあったものを選ばないと、仕事中にメイクが崩れてしまう恐れがあります。
そこで、オイリー肌におすすめのファンデーションをいくつか紹介します。

基本的に、オイリー肌におすすめなのは、パウダーファンデーションかミネラルファンデーション。
リキッドタイプかパウダータイプかととえば、パウダータイプがおすすめ。
パウダータイプの方が、余分な油分をしっかり吸着してくれるからです。

そこで、口コミや人気が高い脂性肌に適したパウダーファンデーションをいくつか紹介します。

1.コフレドール
プレミアムシルキィパクトUV

2.レイチェル ワイン
ミネラルファンデーション

3.セザンヌ
ウルトラ カバー UVファンデーション2

4.ディオール
ディオールスキン フォーエヴァー エクストレムコンパクト

ほかにも、
シュウ ウエムラ
ザ・ライトバルブ UV コンパクト ファンデーション
といったものも比較的人気が高く、混合肌の方にはオススメ。

肝心なのは、ファンデーションを変えるだけでは化粧崩れは防げないということ。
化粧下地やメイク方法もきちんとこなすことで、始めてファンデーションのよさが引き立ちます。

オイリー肌にはリキッド、パウダー、どっちのファンデーションがいい?

オイリー肌にはリキッド、パウダー、どっちのファンデーションがいいのでしょうか?

答えは明白。
それは、パウダータイプのファンデーションのほうがいいです。

オイリー肌というのは、油分が多い肌質のことです。
では、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションはどう違うのでしょうか?

リキッドファンデーションというのは、文字通り液状タイプのファンデーション。
水分や油分を少し多めに含んでいるため、乾燥肌にオススメ。
肌に対して密着力があり立体感を生み出す一方、肌に影響を与え易い。
しっとり感のある使い心地。
透明感のある素肌に仕上げることができます。

一方、パウダーファンデーションというのは、文字通り粉状タイプのファンデーション。
粉を固形にしたファンデーションで顔料が多めに作られています。
油分や水分が少ないため、脂性肌にオススメ。(油分をしっかり粉が吸収してくれます。)
肌に対して密着力が少ない分、さっぱりとした使い心地で肌への負担は軽いのが特徴。
ナチュラルメイクに仕上げることができます。

パウダータイプの特徴である
・油分が少ない。(肌の油分をしっかり粉が吸収してくれる。)
・肌への負担が少ないからニキビにもなりにくい。
といった点から、脂性肌の方には、パウダータイプのファンデーションのほうがオススメなのです。

ファンデーションで肌が荒れる...オイリー肌で敏感肌の私はどうすればいい?

「ファンデーションで肌が荒れる・・・オイリー肌で敏感肌の私はどうすればいい?」
最近は脂性肌や敏感肌や乾燥肌という単体だけでなく、脂性肌&敏感肌といったような混合肌で悩んでいる方も少なくありません。
自分は脂性肌だと思って、脂性肌にあったメイクをしても肌が悪化するといったことも多いようです。

基本的に肌が荒れるというのは、メイクが肌にあっていないか、ストレスや生活習慣の乱れが原因となってきます。
そこで、脂性肌&敏感肌の方の正しいファンデーション方法を紹介します。

脂性肌&敏感肌の部位に応じたスキンケアが必要になってくるのです。
ですから、両方のスキンケア方法を熟知しておくことが大切です。

乾燥肌の方はリキッドファンデーションやクリームファンデーション、脂性肌の方はパウダーファンデーションを使用するのが基本的。
部位ごとに使い分けしてみると効果的です。

もちろん、洗顔方法や化粧下地もそれぞれに応じて使い分けして行うことが大切。
面倒だと思うかもしれませんが、肌のお手入れにはこれが最も効果的。
というのも、乾燥肌と脂性肌というのは、スキンケア方法が正反対だからです。

たとえば、洗顔方法で言いますと、
・乾燥肌は軽く(1度)洗い流す程度でOKだが、脂性肌は2度洗い流した方がよい
ということ。
乾燥肌の方は軽く洗い流すことで保水力が保たれ、脂性肌の方は少し多く洗い流さないとテカリや油分がとれないからです。

また、乳液や保湿クリームもそれぞれタイプが異なっているので、肌に応じて使い分けすることが大切です。
面倒だから一つがいいという方は、ジェルタイプのファンデーションがオススメ。
部位ごとに肌に応じたスキンケアを心がけることから始めてみて下さい。

オイリー肌でファンデーションを使うには化粧下地はあった方が良い?

オイリー肌でファンデーションを使うには、化粧下地はあった方が良いのでしょうか?

化粧下地というのは、ファンデーションの密着効果&整肌効果&肌を保護する効果があります。
皮脂が多くベタツキがちな脂性肌の方にとって、化粧下地は不要と思っている方もいるかもしれません。
ですが、ファンデーションで化粧崩れを起こさないためには化粧下地はかかせないものなのです。
化粧下地をしっかり行うことで、テカリや崩れを予防することができるといっても過言ではありません。

また、毛穴の拡がりや油分を抑制する効果があるため、脂性肌にとってはかかせないものです。

これだけではありません。
実は、化粧下地にはファンデーションが毛穴に溜まるのを防ぐ効果があるのです。

パウダーファンデーションは、クレンジングの際残りがち。
しかも、化粧下地をしていないとなると、すべて落としきるのは難しいもの。
化粧下地をしっかり行うことで、下地と一緒にファンデーションの添加物を落とすことができるのです。

つまり、メイクを落とすときに落とし易くすると同時に肌を傷つけづらくなるのです。
ですから、化粧下地は必須なのです。

化粧下地を使うポイントとしては、
・洗顔後に収れん化粧水で毛穴を引き締めてから行う
・適量を塗る
・指で温めてから塗る
・中心から外側に向かって伸ばし、ムラなくやや薄めにする
・塗り終わったら手で触ってべた付かなくなってからファンデーションを塗る
といったことが大切です。